Microsoft Remote Desktopで接続先ポート番号を変更する

RemoteDesktopConnectionではなく、 Microsoft Rmote Desktopというアプリケーションがいつのまにかリリースされていた。 前者のRemoteDesktopConnectionは動作が不安定で、セッションが残ったままクラッシュしたり とんでもなかったのだが、こちらのMicrosoft Remote Desktopはなかなか良い感じ。 しかも、iOS版、Android版もリリースされており、使用感もタッチパネル用に特化されていて 使いやすい。これからのスタンダードアプリとなりそう。   使いやすいんだけどシンプルすぎてポート番号変更するやり方が一瞬戸惑ったのでメモ。   以下のようにPC nameとしてIPaddress/Hostnameを入力する箇所の末尾に:[port番号]として入力してあげれば すんなり行けた。 よくよく考えてみたら、旧RemoteDesktopConnectionの方でもそんなやり方だったっけ?   スクリーンショット 2014-09-09 1.42.46

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です