Thread1:signal SIGABRT

はてなダイアリーも最近なんとか慣れてきました。

タイマーアプリを作る

今回は、こちらのサイトの解説を参考に、iPhoneにてタイマーアプリを作ってました。

もとまか日記

内容は古いもので、まだXcodeにStoryBoardがなかった時代のもの。
一応、InterfaceBuilderでの変数の結合などのやり方はわかっているので、
StoryBoardを使って、今回は作成してみる事に。
(コードそのものは多分、対してかわらないだろうと思ったため)

原因不明のエラー

だが、最後の最後にコンパイルして実行してみると、
このようなエラー(シグナル)が発生し、シミュレータでは何も動作しない。

f:id:killinsun:20120904001317p:image

シミュレータ内でアプリを終了して再起動させるにも、今度は真っ暗のまま。

これはどうしたものか…ととりあえず [Thread 1:signal SIGABRT]でググってみる事に。

情報収集してわかったこと

どうも、StoryBoard(IB)内にミスがあると出るらしい。

例えば、 
変数AラベルをOutletしていたとする。
プログラムのコーディングの過程で、変数A書き換えてしまう。
すると、StoryBoard(IB)のラベル変数Aと組んでいるにも関わらず、コード側で変数を書き換えて相手を見失ったため、
Outletが解除された状態になる。

その状態で実行すると発生するシグナルがこの Thread1 :signal SIGABRTらしい。

というわけで、実際にStoryBoardをみてみることに。

f:id:killinsun:20120904001318p:image

…特にエラーはない…。
ヘッダーファイルをみてみる。

f:id:killinsun:20120904001319p:image
左側をみての通り、Outletが成功しているという旨の◎アイコンができている。

仕方ないので更にググる。ググる。ググる。

  • アプリを削除して入れ直すと直るよ!
  • XCODEを再起動をすると直るよ!
  • Macを再起動すると直るよ!!!!!!!←効果大らしい

というわけで全部やってみたけど 効果なかったわ。

つまり、そうなると コーディングの部分に問題があるのか…?

XCODE.....ようわからんぞ.....

情報ご存知のいたらコメントなど頂けると幸いです。

Thread1:signal SIGABRT」への5件のフィードバック

  1. storyboadで関連づけとか怪しいアイテム右クリック
    →黒いウィンドウをチェック
    →関連づけでミスったり修正した前情報が残ってればそれを削除
    ってやったら自分のは直ったよ。

  2. >kmkmさん
    ありがとうございます。
    現在、iPhoneアプリ開発のほうはお休みしていますが、
    仕事が片付き次第、やってみます。
    (お首が長いのよ 管理者)

  3. Map view をONしてMapKit.frameworkがaddされていない場合もこのエラーはでますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください