LinuxユーザーのFreeBSD入門メモ

 

UbuntuとCentOSしか触った事なかったのでメモ。
トラブル☆しゅーたーず#5で知り合い、懇親会でかなりお世話になった
@usaturn様のご好意で
HPの激安サーバー「ML115G5」を実験用に譲って頂いたので、
早速普段触らないFreeBSDをインストールしてみた。

スペックとかはまた次回の記事で。

右も左もわからないので、
インストール後から思いついた事をやってみる。

インストール直後

 

#adduser YourName

 

でアカウント作成

デフォルトのシェルがshになってるので
とりあえず cshに変更。

Portsとは

FreeBSDでは、パッケージ管理?の方法にportsというものを使っているらしい。

予めBSDのインストール時にアプリケーションなどの情報だけを格納しておき、
ユーザーが後から必要なものだけインストールする方式らしい。

/usr/ports/

 

にいろいろ入ってる。
カテゴライズされてた。

だが、インストールされてなかったので、入れる。

# fetch ftp://ftp.freebsd.org/pub/FreeBSD/ports/ports/ports.tar.gz
# tar -zxvf ./ports.tar.gz -C /usr/

 

アップデート

 

#portsnap fetch
#portsnap extract
#portsnap update

 

ためしにVimを入れる

 

#cd /usr/ports/editors/vim
#make install

 

これでvimをとりあえず入れてみた。

FreeBSDにBashを入れる

#cd /usr/ports/shells/bash
#make install

 

インストール時はports関係を入れてなかったので、
依存関係のプログラムをインストールする関係で、
vimとbashの2つを入れるだけでもかなり時間を食った。

#chsh -s /usr/local/bin/bash

 

デフォルトのシェルをbashに設定。

一応サーバーとして動かすので、IPアドレスの固定をする

IPアドレスの固定したいけど

/etc

 

の中によくある

/sysconfig/

が無いので
ネットワーク関連の設定はどこですればいいのやら。

/etc/rc.conf

 

で設定するみたい。

BSDの場合は、Linuxであるような
eth0~xではなく、様々な表記らしいので、ifconfigで確認

$ ifconfig
bge0: flags=8843<UP,BROADCAST,RUNNING,SIMPLEX,MULTICAST> metric 0 mtu 1500
options=c019b<RXCSUM,TXCSUM,VLAN_MTU,VLAN_HWTAGGING,VLAN_HWCSUM,TSO4,VLAN_HWTSO,LINKSTATE>
ether d8:d3:85:ae:0a:f2
inet 192.168.0.7 netmask 0xffffff00 broadcast 192.168.0.255
nd6 options=29<PERFORMNUD,IFDISABLED,AUTO_LINKLOCAL>
media: Ethernet autoselect (100baseTX <full-duplex>)
status: active
lo0: 略

 

bge0ね。 なるほど。
ところでなんでbgeなんだろう?
eth0はEthernetだってわかったけど。

#vim /etc/rc.conf

 

下記を追加

network_interfaces="bge0"
ifconfig_bge0="inet 192.168.0.127 netmask 255.255.255.0 broadcast 192.168.0.255"

 

#service network restart

 

とやりたいところだが、 networkではなく netifらしい

#service netif restart

 

これで設定完了。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください